ハリをさすのが苦手な看護師

少し前、知人の結婚式の二次会で、久しぶりに会った友達に「今何しているの?」と聞くと、看護師として働いているとのことでした。
しかも、私の実家の近くの病院らしく、びっくり。
「看護師って頼りにされるし、かっこいいね!」と話す私に、友人は「現実はそうでもないよ」と。
どうやら、最近困った新人が多いらしく、友達か彼女たちのお陰でかなり苦労をしているそうなんです。
その困った新人というのが、ハリをさすのが下手らしく、点滴一つで何度もやり直しになるんだとか。
点滴は意外と大事な役目をするし、病院にいれば点滴をする機会が一日に何回もあるので、それらの尻拭いをするのは大変らしいです。
確かに、自分が患者だったとして、注射や点滴の苦手な看護師がいたら「何で看護師やってるの?!」って言いたくなっちゃいますよね。
一度の失敗でも、何回も連続すれば嫌になっちゃうし、体を預けるのが不安です。
しかも彼女は、新人たちの教育係も兼ねているそうなので、全ての責任がふり掛かってくるようで、可哀想な感じでしたよ〜。
でも、看護師には命を預けてもいい!というくらいの安心感が欲しいので、新人さんたちには是非注射ハリくらいは得意になって欲しいですけどね・・。